回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

新春よしもと初笑い寄席に行ってきた!

www.syumatsu.jp

 

新春よしもと初笑い寄席!~お正月豪華プレミアム公演~

 

【会場】東京国際フォーラムホールC

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5-1
TEL:03-5221-9000

https://www.t-i-forum.co.jp/

 

【日程】2020年1月1日(水) 

①開場10:15/開演11:00 ※追加公演※

②開場14:15/開演15:00

 

【出演者】

①11:00公演 ※追加公演※

トータルテンボストレンディエンジェル、和牛、ゆにばーす 、しゃかりき 、囲碁将棋 、ニューヨーク 、ジャングルポケット、プラス・マイナス、銀シャリ、ショウショウ、インディアンス、コマンダンテ、しゅんしゅんクリニックP、ラフレクラン、ダイタク、オズワルド、中川家

②15:00公演

トレンディエンジェル、和牛、しゃかりき、ジャングルポケット、プラス・マイナス、銀シャリ、ショウショウ、ジャルジャル、EXIT、ミキ、中川家霜降り明星、チョコレートプラネット

 

---

 

楽しかった~!初めてこういうお笑いライブを観に行ったので取り急ぎ記録。

 

1回目はトップバッターがトータルテンボス、トリは中川家。2回目はジャルジャルから始まって最後はトレンディエンジェルでした。

名前も知らなかった!っていうコンビはしゃかりきとラフレクランとダイタクだけだったけど、テレビや動画でもネタ見たことない!ってなるとほとんど半数以上。でもおもしろかったな~。

覚えてる限りで印象に残ってるネタの内容とか感想とかを簡単に書きたいのだけど問題あったら取り下げますのでたまたまこの記事見かけて気づいたよという方いらしたらご指摘ください。

あとお笑いって語るとつまんなくなるけどそれはすみません許して。 

 

前説 ビスケッティ

コンビでは存じ上げなかったけど安倍総理のモノマネ見てあ~!ってなった。達者な印象と自在な印象と両方。色々見てみたくなった。

 

トータルテンボス

ほんと好き。つかみから何から好き。サイコロの目に色塗るくだり大好き。

 

トレンディエンジェル

斎藤さんのオシャンティなお靴が終始床を滑っていて転びそうでなんかドキドキする。詳しくは忘れちゃったけど2回目の内容のが好き。斎藤さんはなんかふわふわしていたけどいつもそうなの?wwお疲れだからかな?それをがっつり捌いていくたかしがめっちゃかっこよく見えたw

 

和牛

1回目はクラブに行く人が苦手、って話で2回目は口裂け女ビーチボーイズ的なやつ。口裂け女の方はすごく自由な感じで、言葉を選ばず言うなら2人の世界って感じ。ほとんど向かい合って喋ってる印象。それをほほえましく見守る劇場...みたいな雰囲気。
ここのところまたお笑いをよく見るようになったきっかけとして和牛の存在があるんですが、2015年とか16年あたりのネタしか見たことなかったと思うのでなんか新鮮でした。
ビーチボーイズのくだりで水田が同じボケを楽しそうに繰り返してるとき、川西はギャンギャン突っ込むんじゃなく困った、ほとほとあきれ果てた...というような感じでいい加減ちゃんとして、的につっこんでたのがなんか意外でした。こう段々ピークが来てキレツッコミになるみたいなイメージがあって。それ強くつっこまないとボケ側が満足してくれなくて終わらないやつじゃないのかな...とふとさまぁ~ずの姿がよぎる。

 

ゆにばーす

単純に内容が面白かったんだけどはらちゃんて普段の口調では漫才しないのよね?それでもおもしろそうなのにな~。あ、でも聞き取りづらかったりするのかしら。

 

ジャンポケ

少しトークしてからのコント。1回目と2回目、トークもコントも内容は同じだったけどおもしろかった~。あのネタ最強ですね。支店に飛ばされちゃうやつ。

 

プラス・マイナス

おもしろ~~~。おもしろかった。モノマネがほんとに自由自在。モノマネって「おぉ~」ってなって終わっちゃいがちなところを漫才になってるのがすごい。岩橋が「いやぁすみませんね器用な相方で」ってニコニコするの好き。

 

銀シャリ

今回のお目当て2組目。もう好き。ほんと好き。野菜の法則のネタをお客さんに振りながらやってて会場大盛り上がり。特に1回目は客席が自由で楽しかったな~。2回目はちょっと硬い空気だったけど鰻のナイスアシストでやっぱり大盛り上がり。客席に振るときの橋本の「せっかくですから遊んで帰ってくださいね」のクールさに痺れる。ザ・漫才師~。渋~。好き~。余談ですがYoutubeチャンネル登録しました。

 

ショウショウ

わーいザ・劇場の人だー!普段お茶の間でしかお笑いを楽しめてない人間としてはこういう方々にお目にかかれるのが嬉しい。今回見てて「やっぱりネタが受けてるかどうかってそもそも声がよく通ってはっきり聞こえるか」って前提にあるよな~、って思ってたのですが、ちょっとボヤきつつボケてるとき、もごもごブツブツ言いながらでも大事なとこはちゃんと聞こえる...っていう加減が絶妙だった。さすが。痺れた。

 

インディアンス

めーっちゃおもしろかった!アンタッチャブル好きとしては前から気になってたので生で見られて嬉しい限り。M-1のときは全体にちょっと物足りないかな?と思ったけどそんなことなかった。田渕が木村の言うことをすごくよく聞いてるのがとても好き!言葉の端々まで漏らさず聞いて、ちょっと揚げ足取る感じで発展させてボケてくのが生っぽくて細かくておもしろい。芸風がぱっと見の印象よりぐっと優しくて細やか。でもそこが今風な感じ。比較するとザキヤマはもっとテキトーだwそういうところがM-1で礼二が言ってたことなの...か?わかんないけどすごく良いコンビだな~と思った。これからが楽しみだな~。

 

コマンダンテ

SNSでよく名前を見かけててなんか人気あるんだろうな~って名前だけ知ってたコンビ。ネタがおもしろかったし、しゃきっとしたらかっこよさそうなのに猫背でヨレッとした雰囲気出してるその風貌がずるい。ひょろっとしたとこと、ワチャワチャゴチャゴチャするシチュエーションを笑いにしてる感じがアンガールズっぽい。揃いのチェックの三つ揃えでそれぞれコーデ変えてるのっていいなあ。シャツと靴下の取り合わせがオシャレ~。
コント漫才なのに客席の子供の泣き声を合間にいじってて印象的。

 

 

オズワルド

M-1を見て楽しみにしてた2人。めちゃめちゃ若いよね?このままあのスタイル貫いてみてほし~。

 

中川家

お目当て3組目。存在に感謝するレベル。 1回目トリだったけど2回目公演は真ん中あたりで、私の後ろの席の方が2回目に中川家が出てきたとき「えぇっ!?」って言ってた。トリ誰が務めるの!?って意味のリアクションですよね。分かる。

 

EXIT

人気~。ネタ初めて見た!すっごい正統派なんですね。そりゃ人気出るわ。しかもアドリブというか生っぽい言動もしっかりハマってるの。ネタがおもしろい芸人はテレビでもおもしろいっていうのを実感した二人。

 

ミキ

キャーキャーうちの母がファンです!パフィーの歌ネタだったけど若い子ファンの子たちはパフィーわかるのかしら?なんにしろ追い込まれるお兄ちゃんのあの新鮮なリアクションすごいね。

 

霜降り明星

15分で見るの新鮮~。マイペースな感じでぬるっとネタに入っていくのがおもしろかった。徐々に徐々に上げてって最後は粗品のあのツッコミスタイルでドッカンドッカン。今回のほかの出演者を見たあとだとせいやのモノマネがめちゃめちゃ素人くさいなと思ったんだけど段々それが効いてきて笑う。せいやがめちゃめちゃベタで粗品がちょっとシュールなのが絶妙なんだね。でもその印象真逆かも?って思わせるようなところもあって可能性の化け物。この2人もいいコンビだな~。

 

チョコレートプラネット

何してもおもしろい人たちですね!老若男女に受けてる。2人とも体格が良いしたたずまいが堂々としてて売れっ子の風格。あと2人ともめちゃめちゃ声が良い。そら売れるわ。ネタがおもしろい芸人はテレビでもおもしろいっていうのを実感した二人その2。

 

1回目はトリで出てきた中川家が「ビックカメラ行きたかったのに押してる」と言いながら自身も長々やってくれたおかげで(ごちそうさまです)2時間半越えでした、贅沢~。

2回目は早い頃からチケット取って楽しみにしてきたお客さんが多いのか、ちょっと緊張気味だったような。

そういうのを肌で感じながらお笑い芸人ってすげ~って思わせてもらえたのと、それより何よりとにかく元旦から大笑いできたのでめちゃめちゃ楽しかった!

もっと生で見る機会が増やせるようにアンテナ張りたいな~と思いました。

雪組全国ツアー新潟公演

先月の観劇の感想ー!だいぶ記憶がおぼろげですが一応書き残しておく。

 

雪組全国ツアー『はばたけ黄金の翼よ』・『Music Revolution!』 新潟公演

宝塚歌劇雪組全国ツアー 新潟公演 | 公演情報 - りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

ヴィットリオ・アラドーロ 望海 風斗
クラリーチェ・デル・カンポ 真彩 希帆
シントラ 舞咲 りん
教皇 奏乃 はると
霧 沙月 愛奈
パオロ 透真 かずき
霧 笙乃 茅桜
グリエルモ伯爵 久城 あす
サンドラ 杏野 このみ
ファルコ・ルッカ 朝美 絢
ミゲル 桜路 薫
修道院長 白峰 ゆり
チェーザレ 橘 幸
ロドミア・ルッカ 朝月 希和
霧 華蓮 エミリ
ジュリオ・デル・カンポ 永久輝 せあ
霧 花束 ゆめ
酒場の主人 叶 ゆうり
ロレンツォ 綾 凰華
ジャンヌ 星南 のぞみ
ビアンカ 彩 みちる
ジーノ 彩海 せら

---

 

今年も新潟へようこそ雪組さん!

全ツで同じところへ連続で来られるってがっつりファンを獲得していく感じがする~。

現に体感ですがチケット取り難かった気がする。根拠ないけど体感。

これまでわりと新潟公演のとき、お昼公演だけチケット取ってて観劇後テンション上がってチケットカウンターに駆け込み夜公演のそこそこ良席(いつも仲間内では「お偉いさんのキャンセル分だよきっと」とヒソヒソしてる)をゲットする...っていう感じでゆるっと見てて。ここ数年はそれを踏まえてしっかり昼夜押さえて見てるんだけど。

でも今回表に「完売御礼」とむちゃくちゃでかでか書かれててなんかそれがやたら目立ってた感じがして、ああ当日券マジで少しも無いのかもな~という雰囲気がいたしました。まあ実際聞いてみてないので分かんないけど。

ソースその2としてはたまたまチケット発売日に会場近くにいた母が行ってみたところ、同じくチケ取りのご婦人にめちゃめちゃ話しかけられて「FNSにも出たし大人気だから倍率がすごくてとてもとてもチケットが取れない」というのを力説されたらしいです。

露出と全ツ再訪効果すごい~~。こういうのって実際はどうあれ、こんな風に熱心に語る人が出るっていうことに意味があるよね。口コミ効果みたいなもので。

 

さてそんな大人気な雪組さんですよ!お芝居は初めて見たのですがまあなんとも時代を感じる大芝居系で、でもだいもんときいちゃんのイイ声で説得力が増すのでとっても何とかなっていた。全ツらしくていいよね。

2回見て思ったのは「ひとこちゃんさえちゃんとしてればいろいろ起こらなかったのでは?みちるちゃん心広すぎでは???」っていうことだったのですが、同行していた母に言わせると「あのぐらい昔ならいくらでもあったじゃない」ということなので私は現代人らしい狭量なものさしの持ち主なんだなあと...すみませんね。

ストーリーに関しては残念ながらそれくらいしか覚えていない。無念。

私はおーじくんとあすくんが好きなのですがしっかり出番があって嬉しかった~。

あ、最後のほうにだいもんが突然タイトルコールをしだす(「我らともにはばたいていこう!」みたいなセリフ)があってちょっとびっくりしたのですが、プログラムで初演の様子を見るともしかしてあのセリフのときにあの豪華な黄金の翼のセットがあったのかしら。あれが派手で良いな~と思っていたので全ツで全くなしだったのは残念(ちっちゃいサイズで出てきたりしてました?わからなかった)。

でもセットを補って余りある衣装の豪華さがあるから十分なのかな。

あ、あとだいもんの歌があまりに少なすぎやしませんか?再演にあたってカットされてるシーンが確かあるんだったと思うのですがだいもんのお歌増やせなかったのかしら。ちょっと寂しかったな~。

とまあ色々考えながら見てたわけだけど、休憩中に50代くらいの方が初演はこんな風だったのよ~と同行者の方に熱弁していて思わず少し聞き耳を立ててしまいました。思い出話楽しそうだったな~。再演てこういうのがいいよねえ。宝塚っていいな~と思った。それが感じられるということは全ツに相応しい演目ということでしょう。

 

ショーの方は本公演以来!わりとスピード感のある、と言えば聞こえは良いけどどちらかというとガチャガチャしたショーだった気がしたので再演でどうなるかしら...?と思っておりました。母曰く「人数が少なくなったからかえってスッキリしてよかった」とのことでした。私としては内容は変わってないからやっぱり忙しいショーだなあという感想なのですが。

それでも咲ちゃんとカチャのシーンをあーさとひとことあやなちゃんで分け合っていたのが新鮮で楽しく見れました。

特にあやなちゃん、やっぱりダンスすると華がある~。ブライアント先生のシーン、初めは「おおお大抜擢...!」と思ったけど、実際に見ると納得の配役。以前から楽しそうにダンスするから目立つよな~と思っていたけど、だからこそダンスしてるときに華が増してるのかもね。

逆にあやなちゃんもまだまだこれからの下級生なんだよな、咲ちゃんてすごいなと思わされたのが同シーンで後ろでゆらゆらリズム取ってるとき。そこになると急におとなしくなっちゃったように感じられて...(笑)

本公演の時の映像見るとそこの咲ちゃんは大人でおしゃれな感じでかっこいいんだよね~。雰囲気を出してそこに佇む、ってほんとに難しいんだなあ男役10年てほんとだよなあと。

それでもあやなちゃん楽しみ~。ひとこちゃんが花組に行っちゃうからこそ、軽やかに溌剌と踊りまくるあやなちゃんに期待。もう少しお化粧きれいになってシュッッと垢抜けるとさらにすてきだと思うのでそちらにも期待。

あとショーでたまらない瞬間だったのが、男役群舞のときにちょっと小芝居が入ってるのですね。おーじくんがりーしゃに「行くぞ」みたいなフリをして、りーしゃが「おう」って応えてる...みたいな...

何かもかもうろ覚えだけどとにかくかっこよかったの。

りーしゃとおーじくんの絡みは私には堪えられない場面なのでいい加減にしてほしい。いや冗談ですもっとやってください。

あと娘役だとリサちゃんの表情が生き生きしてたのとうきちゃんがかわいかったのが印象的。リサちゃんダンスが上手なのは分かるんだけどこれまではちょっと硬い印象があって。元々とっても美人さんだから硬く見えがちだったのかな。でも今回はのびのび踊ってて楽しそうで頼もしかった~。

今度ヒメちゃんにきゃびいちゃんがやめちゃうし、あゆみちゃんひーこちゃんの双璧に加えてリサちゃんが輝いてるのは嬉しいなあと。

それからうきちゃんはフォロワーさんに好きな方が多くていつも注目してるのですが、なんていうのあのフランス人形みたいなお顔?すごいよねええ。手足長いしお化粧映えするし。ちょっと目元がとろんとしてるのがまたかわいいんだ。

これまでは「あーうきちゃんだ~かわいいな~」と眺めている感じだったのですが、今回はスパニッシュ?タンゴ?なところのダンスが凛々しくて印象的でした。素敵だったなあ。

 

だいきほの先の演目が出たりミューサロがあるやらCDが出るやらとちょっと寂しくなってきたけれども。とりあえずはだいもんのアルバムを楽しみにしておく。

組替えと花娘の話

組替えが発表されましたね~。

組替え(異動)について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

私が宝塚を本格的に好きになったのは2009年頃で(わー10年経った!)、その頃からだと8回目くらいかな?組替え発表は。

慣れたような慣れないような。ふーん、へぇ~、という気持ちと、いきなり出るなあ、そうくるの?というびっくりな気持ちと未だに半々。

 

なぜ今回組替えについて書くかというとたまたま先日雪組さんを観劇しててひとこちゃん(永久輝せあ)が気になったタイミングだったので...。

ひとこちゃん、素顔はとってもスタイリッシュなのにまだまだお化粧顔が垢抜けない気がするのです。もっときれいな沖田総司が出来ると思うのよ~~。

ダンスも身体がとってもよく動くのに、なんだかこう決まりきらない?もっとかっこつけられるのに!という感じがして。

もどかしいというか歯がゆいというか。もちろんそのナチュラルさが好きな方もいらっしゃるんでしょうけれども。

どうしたってあさこさんの雰囲気が見えるから、ついキメキメキザキザな感じを勝手に期待してしまうのだ。

 

そういう意味では花組さんというのはとてもよいんじゃないかしらと上から目線で思ったりして。

今のひとこちゃんという素材にバーン!ドーン!という押し出しと、俺かっこいい!!!というナルシシズムが加わったらもうもう誰もがひれ伏す男役スターになっちゃうんじゃないかしら。

ひとこちゃんの理想の男役像を知らないので完全に私の好みで語ってますけどもね。

 

そして同日付で花に戻るひらめ(朝月希和)。

雪組さんですっかり立派なお姉さんになられて、なんとなくひらめと呼びづらいのできわちゃんなんて呼んでみますね。

今回のスチールもむちゃくちゃかわいいの。

kageki.hankyu.co.jp

 

えぇっ、せっかく雪組さんへ異動してしっかりした立場にいるところなのに...と思いつつ、そうか、次で同期のえみ(乙羽映見)ちゃん辞めちゃうもんな...そしたらきわちゃんいてほしい...グスグス

いや待て辞めるのえみちゃんだけじゃなかった...!←今ここ。

kageki.hankyu.co.jp

 

くみちゃんにあかりちゃん、そしてみれい。

さみしいよ~~~。

私はこのところ花組を観劇するたびにみれいがかわいいみれいがかわいいと言っていたのです。

これまで見ててみれいがかわいいことなんて分かってるので、そういう時って段々言わなくなるものですが、みれいがいつも新鮮にかわいくて。

分かっちゃいるけどみれいかわいい。ああみれいかわいい。っていつも思っておりました。

そして花組の誇る美人ツインズあかりちゃんとえみちゃん。うちの母がよく「時々見分けがつかない」と言っているので勝手にツインズ。

横浜アリーナではほんとにシンメぽかったよね。

2人とも特に最近だとハンナのお花屋さんでのお役が大好きでした。

 

そしてくみちゃん~。くみちゃんがいない花組なんて。私の大好きなくらわんかで、あのとき最下級生とか?とてもそうと思えない抜群の歌唱力を披露しまくっているのが最高。

なんとなく勝手にくみちゃんはもっともっといてくれるものかと思っておりました。さみしい。

 

じゅりあちゃんにべーちゃん、ゆきちゃん、たまごちゃんと辞めてしまわれ、そしてまた4人か~~。つらい。

とはいえ花組にはまだまだたくさん素敵な花娘たちがいるんだぞ!!

ゆめちゃん、こりのちゃん、りりこ、しょみちゃん、なちちゃん...うららにおとくりちゃんも!

先日ツイッターで「精神がさっぱり引き継がれてなくて頼りない娘役ばかり」のような呟きを拝見しプチイラッっとしてしまいましたことよ。

まったくそんなわけないでしょ失礼しちゃうわ。

いつだって、誰が辞めたって、そのときそのときの形で続いていくのが宝塚。そんな中で「花男」「花娘」とあえて自称して自分たちを盛り立てる花組さんはかっこいいのだ。

これからもただただ楽しみにしています。