回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

花組公演『MY HERO』って結構良作だったよね :歌の話

芹香斗亜主演、花組公演『MY HERO』のDVDが来る8/24に発売されますよー!!

 

shop.tca-pictures.net

音源は先行して出てる。

www.tca-pictures.net

 

※8/7発売のつもりでじわじわ下書きを進めていたら発売延期が発表されていた!!楽しみにしてたのになんてこった!!


音源聞きながらああこの公演結構好きだったよなあ...
久々のキキちゃん主演で演目が出たときはどうなることかと思ったけど結構好きだったなあ...
などと思い出して、あの頃は忙しくてとても余裕が無かったので今こそ感想を残そうと思い至りました。

 

今思い出す『MY HERO』の好きなところ:

  • 歌!!!!!
  • キキちゃんのビジュアル
  • ヒロインが絶妙にウザくない
  • ちなっちゃんのお兄ちゃんぷり
  • 新ジャンルとの絶妙な融合
  • 深読みしたけりゃいくらでも深読みして思いを馳せられる内容


蘭寿さん式にビックリマークを多用してみるぐらいこの公演の歌が好き。
特撮の話のためビジュアルがものすごいけどちゃんと音楽劇。
好きな歌をつらつら上げてみます。

 

『ここから始めよう』

芹香斗亜演じるノアと、朝月希和演じるクロエちゃんのデュエット。
(その後鳳月杏演じるテリー、音くり寿演じるマイラともリプライズでデュエットする)
この曲が3拍子なんだよ。そこがまず好き。

2人で色々頑張ったあと、少し腰掛けて軽い身の上話をしながら「過去のことはいいじゃん、ここから始めよう」って歌。
これが何ていうか宝塚のヒーロー&ヒロインのデュエットとしてはなんか新鮮で。
まぁひらめちゃんのクロエちゃんとおとくりちゃんのマイラちゃんどっちが正ヒロインか?って問題がまずあるんだけどそこは置いておくとして。

ノアが「脇目振らずに走り続けた 気が付けば日も暮れ始めて 人は皆家路に急ぎ足 俺だけが佇む」って歌うと、
クロエが「寄り道ばかりの人生 手あたり次第に買いあさったけど 残ったものは何もない 空っぽの私」って繋ぐ。
2人とも、過去に栄光があった人達で、でも今行き詰まってて。
そんな2人が俺辛かった、私も辛かったよって傷をなめあうような歌。
歌の最中に互いに話しかけるような台詞があって、歌なんだけどアメリカンミュージカル的な大ナンバーではなくてあくまでお芝居の中の一部という感じ。

ゆったりとした3拍子の曲調が郷愁を誘うというか、観劇しながらつい自分の過去のことを思い出したくなるというか。
色んな感情が呼び起こされる音楽とシーンだったなあ。

テリーとマイラの歌詞も良いんだ。
大体において私はリプライズで同じ曲を色んな人が歌うってのが大好きなのだ。
しかもしかもしかも、この3拍子の曲をフィナーレでは4拍子で歌う。
たまらん。ほんとたまらん。
同じ曲を3拍子と4拍子でアレンジするのも大好きなの。
サイトー先生と握手したい。

作曲の先生がどなたか今調べたけれども手島恭子先生とな。
なんでか勝手に吉田優子先生か青木朝子先生かと思っていた...。
しかも「手島先生、あああの曲の!」ってパッと浮かばないのが悔しい。
時間のあるとき色々見返してみよう。

 

『誰かのヒーロー』

マイラがノアを「崖っぷちのヒーロー」、ノアはマイラを「おてんばヒロイン」とからかいながら、
互いに「あなたに救われてる」と歌う、これまたしっとりした良いデュエット。
君も誰かにとってのヒーローなのかもしれない、っていうメッセージに泣かされた3月だった。
3月は仕事が繁忙期で、早出して残業してマイヒーロー見て早出して残業してマイヒーロー見て...みたいな感じで、
しんどかったけどキキちゃん率いる花組さんに救われてたなあ。

 どうでもいいんだけど、「崖っぷちなヒーロー」とマイラに言われたノアさんは「崖っぷち言うな!」って返すんですよね。

「崖っぷちって言うな!」ではなく「崖っぷち言うな!」なの。

何回か言っててすごく気になった。サイトー先生のこだわりかな。

 

『MY HOME』

義理のお母さんであるくみちゃんとのしっとりしたデュエット。

曲調はちょっと古臭いけど、主人公の青いところとそこからの成長、これまでの全てが詰まった曲。

MY HEROからのMY HOME、ヒーローにも帰る家がある。

その温かい事実を受け入れて主人公はまた大人になったのかもしれない。

 

『営業』

こういうミュージカルミュージカルした歌大好き。
失脚したスター・ノアさんを売り込むぞーー!という歌。
歌いながらどんどん場面が進んでいって楽しい。
途中出てくる綺城ひか理ちゃんや芽吹幸奈ちゃんのキャラの濃さがいい。
あかちゃん、ひらめちゃんを口説くんだけどそれが録音日はちょっと訛っててかわいいのw
くみちゃんは麗しい受付嬢。

 

あとはオープニングも好きだしテーマ曲も好きだし。

『Change! Justice!-正義の歌-』

特撮ど真ん中な歌。


主題歌『MY HERO』

手拍子していて楽しい。

 

書いてて思ったけど曲だけじゃなくて歌詞も全体に結構気に入ってたんだなあ。
サイトー先生にこんなに感動したの初めてかもしれないぞ。

 

『ミリオンサマー』

キキちゃんも大好きな文句無しの代表曲。
ちなっちゃんテリーの歌がどれもこれも古臭いのは少々辛いところ...(ノ∀`)
もちろん狙ってるんでしょうけども。
カサブランカ』のシュトラッサーのテーマ的な古さ。
でもまたそれを歌いこなすちなっちゃんがかっこいいんだ。

 

 キキちゃんの歌声素敵だな、そしてキキちゃんてどんな娘役とも相性がいいというか受け入れる包容力、振り幅があるのでは…?

と感じ始めたタイミングでこれだけデュエット曲を楽しめたのはありがたい。

 

花組公演『MY HERO』って結構良かったよねって話...のはずが組替話

先日花組公演『MY HERO』の音源が販売開始されましたね!
早速購入し聞いてたらやっぱり曲が良い...!!
宝塚×特撮ってことで賛だけでなく否も見かけたし、それにあの頃は忙しい時期でとても感想を残せなかったけど、
それでもやっぱり好きな公演だったなあ...!!!
曲を聴いてたら愛が溢れてきたので、DVDの記憶で上書きされる前にここで残しておこうと思います。

 

などという記事を書きたいと3日ほど考えてる間に組替が発表されてましたよ...!
おいおいびっくりだぜ(;∀;)
色んなしがらみを抜きで言うなら

花男としてさらにクサく育ってゆくゆくはトップを努めるキキさんを見ていたかった
・真風さん率いる組でさらに男らしく成長しそれと同時に持ち前の鷹揚さを活かし伸びやかに男役として成長してほしい

この二律背反!!!じゃなくてなんて言うんだろう、どっちも叶えてほしいこの感じ。
なんていうか人間て贅沢だなあと思う。
キキちゃんが花組に来て成長していく姿を蘭寿さんファンとして見守り、そしてキキちゃんかっこいい好きー!という状態になってるわけですが、
昨日までの私だったらキキちゃんが花組でみりおちゃんを見送りトップに就任していればそれで満足出来たわけだ。
それなのに宙組さんへ組替えって聞いたら、まんまと宙組での姿も見てみたいと思わされてしまっている(;∀;)
なんてちょろいんだ。劇団の手のひらでコロッコロですわ。

 

こういうことのために組替えってあるんだろうなとしみじみ。
観客の入れ替えとそれに伴う増員。
現に私はまかぜさんの宙組はそんなに観劇するつもりでは無かったのでした。
お金と時間のために優先順位を付けると中々複数の組を思いっきり観劇するなんて出来ないのよなあ。
まして今地方だし。
蘭寿さんの異動が一番の原因だったんだろうけど、その後テルみり、テルキタ時代は徐々に興味を無くしてしまってて。
まぁくんが就任してからはちょいちょい行ってたけれども。

...と、まぁくんの主演作を一覧で見返していて思い出した。
まぁまかのメラコリ惜しかったなあ...(;∀;)
思い切って今ここで吐き出しておく。

 

宙メラコリは、私が初演と再演を映像でだけど見ていたせいというのが多分にあるとは思うけれども、
もっともっと笑わせてほしかったんだ...。
ビジュアルはみんな素敵だった。ビジュアルだけでなく素敵なとこもたくさんあった。
でもでも、正塚劇のセリフのやり取りのおもしろさをもっと見たかったのだ。

人間誰しもちょっとずつ変わってておかしくって、それがむしろ普通でみんな必死に懸命に生きていて、
それゆえのコミカルさ、おかしみみたいなものを、
スタンとティーナの会話やバロットとルシルのセリフの応酬、その他たくさんのところでもっと見たかったと思ってしまった。

 

そう思うとこれから宙組さんを見るのが楽しみ。
やっぱりトップコンビのスタートから思い入れを持って見られるというのはありがたいことだ。
たくさんたくさんお芝居して深まってほしいなあ。
大芝居のコスチューム物もいいけれど、セリフのやり取りが楽しいお芝居見たい。

ああキキちゃんはまたトップコンビが組んだところから接していく形になるのだねえ。

 

あ、それより何よりまずまかぜさんまどかちゃんトップおめでとうございます。
どんな演目でお披露目するのかな。
私は実際組んでるところをろくろく見てないので何とも言えないのですがまどかちゃんぐんと大人っぽくなったよねえ。
まかぜさんは先日シャツにネクタイ姿で入りしてるの見て思わずため息もれました。
ゆうひさんばりのいい肩してるわぁ。
コスチュームもスーツも似合うスター、と考えるとやっぱり宙組カラーなのかな。
2007年頃からの宙組のイメージには男役のスーツもあるなあと。
私の中で花組のスーツは古臭いもといクラシカルなスーツ、宙組のスーツはキラキラギラギラしたスーツというイメージです。単純。
花組、スーツでパッと思い浮かべるのはMr. Swing的なスーツ。
宙組はファンキーサンシャインのプラズマダンサー的なスーツ。

 

さて愛ちゃん。
キキちゃんと気の合う相方、みたいな関係性に見える愛ちゃん。
そしてりくちゃんにもんちにもあちゃんにかなりちゃん、みんな切磋琢磨してさらに素敵なスターになるのだよ...!
ありさちゃんも...!辞めちゃうけど...!
キキちゃんは宙組さんの公演途中からの組替えになるのかな。
大変だとは思うけどまぁくんの背中も見られてラッキーね。

だめだこの話ずっと出来る。やめよう。

雪組『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』の感想とその他諸々

 

ご無沙汰してます。
相変わらずキキちゃんかわいいかわいいしながら細々と宝塚見ております。
スカステにも加入しようやく宝塚三昧な日々...かと思いきや「いつでも見られる」とスルーを決め込むことが増え結果見たいニュースを
よく逃しています。
それとHDDの容量&時間無い無い病との闘い。

公演は花組さんだけは絶対、その他の組は余裕と興味が比例してチケットが取れたら(東宝だとここが最難関)...!みたいな感じ。
あまり足を運んでないのは星組さんと宙組さんかな。
いや星はみっちゃんの3作全部見たなあ。
宙組さんはA-Motion見たかった。。。

月組さんは何やかやまさお時代は見てたしグラホも見ました。
たまきちおめでとう。ほんと立派になって(ほろり)
三銃士はとしアトス楽しみ。
あとポスターのありちゃんかわいいの極みじゃありません?

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/allforone/cpl73a000005xy8j-img/cpl73a000005xyb1.jpg

 

 

雪組さんですが幕末太陽傳無事に見られました。
チケット取れるわけないと思ってた...

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/bakumatsutaiyouden/cpl73a000003gmkm-img/cpl73a000003gmn4.jpg


るろ剣ぶりに見たちぎ(早霧せいな)はさらにさらにほっそりしていて、心配になりつつもエネルギッシュでさすがの舞台人ぷりでした。
ちぎってなんかこう舞台人とか役者って言葉が似合う気がする。

お芝居としてはわりとガチャガチャしていたけど楽しんで見られておもしろかったな。
私としてはがおちゃん(香稜しずる)演じる鬼島又兵衛が風車を持ってニッコニコしながら下手奥から駆けてきたのを見ただけで十分価値がありました。
かわいかった。鬼島さん怖いおじさんなのに。

長州藩士達が少々情けない描かれ方してない...?というのは気になったw
それでも若手男役の皆様かっこよかったけれどもね。
私が気になったのは陽向春輝さんでした。
眞ノ宮るいさんかなって思ったけどたぶん陽向さん。
なんかかわいかった。

母が気に入ったのはガエン者の星加梨杏さん。
インパクト十分なビジュアルで、私は汐月しゅうくんを思い出したよ。
で今ググったら せいかりあん さんなんですな。
ほしかりあんだと思ってたよすまん。

そして久しぶりに見た翔ちゃん(彩凪翔)がすごくしっかりしててなんか感動した。
ローマの休日』は見てたけどやっぱり本公演で見るとまた違うなあ。
翔ちゃんはロミジュリの客席降りで見たときほんとにほんとにかわいくて。
なんていうか漫画の中の男の子が飛び出してきた!みたいなイメージだったあの頃。
しっかりしたなあ。だいもん(望海風斗)咲ちゃん(彩風咲奈)翔ちゃんのピラミッドを想像して頼もしく思える日が来ようとは...!
などと観劇中ぐっと来て初めてあーさの存在を思い出しなんとも言えない気持ちになる。
みんな好きだけどどんなバランスになるのかなあ。

咲ちゃんのかわいいぼんぼん役はもしかしたらほとんど見納め...?なんて思いながら見たり。
かわいくって見てて楽しかったけどもっともっとおいしくなる役のような気もした。
それでもやっぱり憎めないかわいさ。
真彩希帆ちゃんとの並びも想像したより良い感じ。
ショーではお芝居の情けない笑顔と反対に反対にルパンの次元やるろ剣の斎藤さんを思い出すような、Sっ気・俺様感のある笑顔が多くて、
うわぁ咲ちゃんがギャップ出してきてる...!とこれまた感動。

だいもんはるろ剣以来なので1年ぶり?それ以上?での生だいもんでしたがほんとに声が良くてお顔がきれい。しかも細部のお化粧もきれい。
ショーで活き活きしてるの見てわくわくしたー。
お披露目の演目本公演は発表まだですよね。
何やるんだろうなあ。

みゆちゃん(咲妃みゆ)は記憶よりずっとほっそりしていた。
今娘役トップは若いからこそその成長と最後の姿が鬼気迫るものがあってすごい。
私はみゆちゃんはかわいいなあとは思うんだけど娘役の好みとしてはちょっとずれててそこまで興味が無いのですが、
特にショーでたくさんかわいい衣裳を着てて。とにかくかわいかった。
それと髪飾り!
プロローグの大きな豪華なお団子キャップのすごいことよ。
あれは大注目だよー。
正面からしっかり見える大きさなんだけど細工が細かそうでものすごく上品。
娘役咲妃みゆの集大成を見た。

そういえばみゆちゃんとあんりちゃん(星乃あんり)のお芝居でのキャットファイトかわいかったなあああ。
プロローグでお互いにぷいっってしてるのもかわいい。
あぁあんり立派になって...!って涙腺に来た。
あんりかわいいよあんり。
ローマでもすごくかわいかった。
ショーのジャズの場面だったかな?黒髪アシメショートのかつら姿がかわいいったらもう。
あぁあんりかわいい。
ちょっとお化粧濃くなってたけど。
それでもダンス中の表情が豊かになっててなおかわいい。

大ちゃん(鳳翔大)、コミカルなお役だったけどなんていうか注目させる力があって素敵だった。
あと私は大ちゃんのショーでのアピールがしみじみ好き。

ももちゃん(桃花ひな)、蒼井美樹ちゃんもショーでの見せ場がたくさん。
みんな晴れ晴れしたよいお顔でこちらもすっきり。

ショー『Dramatic “S”!』が言葉は悪いけど捨てシーンの無い良ショー。
中村B先生のショーって総踊りが多くて、組子誰か一人のファンだと追いかけるのに精一杯で見せ場が物足りない...なんて感想を聞くこともありますが、
久々に雪組さんを見た身としてはとっても楽しくて満足。
文句つけるなら絆の場面の男役の衣裳ヘン、ぐらい。
お腹にリボンみたいなのが付いてて変身ベルトみたいになっててなんかヘン。

ちぎ率いる雪組さんはファンシーガイとラを見たときちょっとショーは弱いかな...と感じてたのですが、
今回はなんていうか今の雪組の持てる力を結集したぞ!!!っていう感じですごく押し出しガあって満足度高い。
私は久々にガンガン踊るあゆみちゃん(沙月愛奈)を見られて満足。
どこのシーンだったかな、宝石のかけらを散りばめたみたいなイメージで下団子を飾っててきれいだった~。
パールピンとか同じ形同じ大きさの石を飾ってるのはよく見るけど一つ一つ大きさも形も違うのは新鮮。

あゆみちゃんといえば咲ちゃんがフォトブでいちゃいちゃしてるのを見た。咲ちゃんずるい。
ナチュラルメイクでもあんなにかわいいあゆみちゃんとあんな写真撮るなんて...!
フォトブで言うなら花組の誇るお姉様方を侍らせたれいちゃん(柚香光)以来のずるさ。

咲ちゃんてばフォトブではあゆみちゃんと絡み組本ではヒメちゃん(舞咲りん)と絡み、
新公卒業したのに未だ年下男子のおいしさを譲ってない。
ずるい。しかしかわいい。

ともあれ見るところたくさんで楽しい公演でした。
トップコンビと主要メンバーの退団はもちろん寂しいのだけれども、かっこいい子かわいい子たくさん見つけたのでこれからも楽しみ。