読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

月組全国ツアー公演『激情/Apasionado(アパショナード)!!Ⅲ』@新潟県民会館 を観た。4

宝塚 公演の感想

感想でもなんでもないけどたまきちへのときめき続き。

このところたまきちの腕まくりした手首と激情ラストでの眩しい顔と

名古屋で見せたという両手挙げての「はーい!!」のことを考えて過ごしている気がする。

これは恋か恋なのか。

いやまさか...!(なんとなく抗いたい)

手首もいいけど背中も良いよね。

ジプシーの仲間になってからのあのちょっとエスカミリオっぽい衣裳、

何て言うのベージュの丈長めのジャケット?

あれ着た時の背中いいよね。

立派な肩幅を褒めるのも今更でしょうけども。

私の中ではホセでようやく体格が活きた感。

激情ラストの天国的な場面でホセとカルメンが再会...?を果たす超宝塚的なあの場面、

眩しそうな表情をする演出を付けた神様は誰なのだろう。

柴田先生かな謝先生かな。

あれずんこさんの見ててわかってたはずなのに、マチネではオペラロックオン出来てなくて。

幕間に一緒に観ていた母に「眩しい顔するとこ見逃しちゃった」って言ったら

「わたしもー!」だって。

あなたわたしよりよっぽどたまきちトップに異議を唱えてませんでした?っていう(笑)

あの眩しい顔ほんとかわいい。

生まれた赤ちゃんが初めて光を浴びたみたいなイメージ。

魂が浄化されたホセとカルメンがああしてもう一度出会ったのだろうか。

...また出会ったらまた悲劇繰り返さないかい?

現世だろうが死後の世界だろうが何だろうがカルメンはホセをもてあそんでいそうだ。

そしてワンワン追いかけるたまきちホセ。

たまきちの大型犬みすごい。

「野郎でノーブル」なのが私のタイプと気づいてしまったのでこの感じはやばい。

やばい...