回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

ロミジュリ感想を自省する

旅行中気になってたんですよねー。

いやはやしかし帰ってもう一度読んでみると・・・

理屈っぽいなこいつ!

激しく理屈っぽい。

観劇中はあんなこと一切考えてないんですけどね。いやはや。

キタさんティボとかコマ乳母とかひろみパリスとかせしると咲ちゃんの愛と死とか、

色々書きたいことはあるんですが、

さすがに観劇から日にち経ってるし、

その間に私が気になってたところは変わったかもしれないし、

それに公演中止になったりしてるしで、

やめときます。

・・・と思ったけどやっぱ書くだけ書こう。

思いついた順。

・ひろみ(彩那音)パリス

ひろみパリスは、今回のロミジュリを雪組版のオリジナルカラーに彩色した要因のひとつだと思う。

ってまたごちゃごちゃ言っちゃってるけど要するにすごく好きなんですw

星組のみっきー(天寿光希)パリスは、まさしく「気取り屋の間抜け」。

いや別にみっきーをsageてるわけじゃないですよ!

ロミオにそう称されるパリスを、学年も若いみっきーがキラッキラで演じたらああなる。という。

かわいいんですよねーみっきーのパリス伯爵。

みっきーパリスだったら間抜けで気取り屋でも結婚余裕です。

毎日お顔を眺めて過ごすんだーアハハウフフ

なんだけどひろみパリスは、学年が上がってる分、

ただの「気取り屋の間抜け」に見えない。

なんかこうね、ひろみパリスは・・・ちょっと怖いw

仮面舞踏会で、ジュリエットを捕まえて「僕と踊るんだ!」って言うところ、

星組にはなかった・・・よね?

その演出があるせいかもしれないし、はたまたスメルジャコフ(カラマーゾフの兄弟)のイメージがあるせいかもしれないけどw

だってさあ、ねねちゃんジュリエットはみっきーパリスを突き飛ばして逃げそうだけどさ、

みみちゃんジュリエットはひろみパリスから逃げられないよ絶対。

みっきーパリスは突き飛ばされたら突き飛ばされたこともジュリエットのことも忘れてくれそうだけど(それはそれで怖いが

ひろみパリスは突き飛ばされてくれなさそうだし、突き飛ばしたとしてもものっすごい追いかけてきそうだもん。

んでものっすごい逃げてもお金とコネに物を言わせて場所を突き止めそう。

なんかそんな感じ。

でもそれが全体の良いスパイスになってて私はすごく好きでした。

・せしる(大湖せしる)愛

星組の礼真琴さんの愛は恋愛に特化した愛、

それに対してせしるの愛はもっと大きな愛、という印象を受けました。

礼さんの愛はきれいでたおやかで、でももろさもあって、

だけどそこが魅力的で、ついつい目をひかれてしまう、まさに恋愛のような存在。

比べてせしるの愛は、なんかデカい。

最初見たときは「普段は華奢に見えてても男役だしやっぱデカいなだけどちょっと地味かもな」とか考えてたんですが、

終盤に向けての存在感、終わってみて感じるあったかさがやばい。

冒頭、モンタギューとキャピュレットの諍いが始まるまでのシーンの表情とか、

他にもたくさん細かいところの演技がなんかすごく良い。

特にジュリエットをも奪った死に対して、指を差して怒る・・・というか糾弾しているようなところ、

死(おどけてお辞儀してたような)に全くひるんでないのが好きだなー。

せしる愛のあの独特のほほえみはなんですかね・・・やられたわー

あんな笑顔をたたえた愛が、みーんなのそばにいてくれたらいいのに。

せしるの愛は、若い2人の恋愛の愛だけじゃなく、

守ったり、背中を押してくれたりする愛。

ロミオのパパママがロミオに向けるのも

ジュリエットのパパがジュリエットを思って歌うのも、

最後、モンタギューとキャピュレットが手を取り合うのも、

ぜーんぶの愛がせしるの表現する愛でした。

パレードで愛はティアラをつけてますよね。

死は何人もの命を手に入れたけど、それでも愛は死に勝ったんだなーなんて。

かーなーらーずー最後に・・・なんでもない

・キタさん(緒月遠麻)ティボルト

ワイルドでかっこいい。

でも寝る前にジュリエットを思って眠るんじゃなくナイフ磨いて寝てそう。

一番恋に恋してる人だったんじゃ。

フィナーレでは髪型変わりまくりでびっくり。

私はやっぱりキタさんのオールバックLOVE。

・コマ(沙央くらま)乳母

歌が高音きつそうでしたが全体的に私は好き。

ジュリエットと表情が似てることが多々あってニヤニヤ。

“育ての親”感が感じられました。

でもフィナーレですら男役コマが見られなくてさみしいことこの上ない。

でもそんなフィナーレで脇とか背中あたりの筋肉を眺めてごめんなさい。

・咲ちゃん(彩風咲奈)死

かっこいい!かっこいいです。

プロローグのリフトとかダンスとか危ういところはあるもののかっこいい。

特にマイ初日は前方で見たせいか、表情もよくわかって。

色々課題とされてたようですが、なかなかよかった。

せしるの愛にかなり引っ張られているような気もしたがまあそれはそれで別にいんでない。っていう。

確かに引きずり込まれるような恐怖感みたいなものは単体では感じなかったけど、

「僕は怖い」でロミオを操り人形のようにする振り付けが2人ぴったり合ってて、

そこのインパクトがでかかった。

舞台全体としては成功、咲ちゃんの成長・ステップアップ如何みたいな話になるとわからん。

かっこよかったけどなー。それだけじゃだめなんかなー。

あ、新公の映像、バルコニーのシーンだけちらっと見ましたが、

「生で見たらものっすごい良いんじゃないか」っていう気配がプンプンした。

わかるかなこの気配(…)

なんやかやありつつも明日が千秋楽ですね。

色々あった公演ですが無事に迎えられますように。

広告を非表示にする