読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

花組公演『ME AND MY GIRL』感想5 ジャッキーとジェラルド ちなつとキキ

前回の記事でキキちゃんジョン&ジェラルドの感想を書こうと思っていたんだけどどうしてもキキちゃんだけに触れた記事にはならないので分けた。

キキちゃん中心の役替わりキャスト&キキちゃんの今回の「マイガール達」を一旦整理。

 

A ジョン・トレメイン卿  芹香 斗亜
ディーン・マリア公爵夫人  桜咲 彩花
ジャクリーン・カーストン(ジャッキー)  柚香 光
ジェラルド・ボリングボーク 水美 舞斗

B ジェラルド・ボリングボーク  芹香 斗亜
ジョン・トレメイン卿   瀬戸 かずや
ディーン・マリア公爵夫人  仙名 彩世
ジャクリーン・カーストン(ジャッキー)  鳳月 杏

 

私が初めに見たのはBパターン、ジェラルドで、想像よりずっとぐっとかわいかった。失礼かな(笑)
ご本人も「ぶりっこしてる」とおっしゃってましたが首をかしげてみたりちなジャッキーちゃんを指でつんっとしたり、“かわいい”という型を取っているのがあざとい。しかしはまっている。なんなんだろう。

ああジェラルドって意外と個性が出るし出せる役なんだなあと思いました。
貴族のぼんぼん、としてそこにたたずんでいればそれだけで良いようないわゆる「しどころのない」役だと思っていた節があったけれどもそうじゃないんだなー。

 

キキジェラルド&ちなつジャッキーはそこかしこで言われていたけどアダルティ。
これまでジェラルドとジャッキーのカップルってお貴族様のおもちゃみたいな恋愛像だと思っていたけどこのカップルは全くそんなことなかった。新鮮。

二人はほんと自然に一緒にいて。ちなジャッキーちゃんのぷん!とかぷいっ!とかちょっとジェラルドなんなのよもー!とかその手のツンは全部ジェラルドのことがほんとは好きだからとしか思えない。
借金を返済してくれて私のことをちょっと強引なぐらいにグイグイ引っ張ってくれるジェラルドなら文句ないのに!なんで私がこんなじれったい思いしなきゃなんないのよ!みたいなイメージ。

だけれどもちゃんと未婚の美人貴族としてハングリーな面もあって。その気品とガッツ?を両方持っているところが当時の社会背景や文化を感じさせられてちなちゃんジャッキーとても好き。
しかも美脚である。そりゃキキジェラルドもお鼻の下が伸びますわ。

 

時折、AパターンとBパターンそれぞれ入れ違ったキャストでマイティーちなつ、キキちゃんれいちゃんだったらどうなってたかな、それも気になるな、って考えたりするけれども、そうしたらまた全然違ったそれぞれの役作りになったんじゃないかなあ。

ビルとサリー同様、ジャッキーとジェラルドもまさしくミーアンドマイガール、運命のカップルなんだな。と思ってしまったのはちなキキのジャッキーとジェラルドでした。

マイティーとれいちゃんのジャッキー&ジェラルドはちょいちょい喧嘩しそうだけどそこがまたかわいい。
ちなキキのはよくも悪くも喧嘩にならなそう。ジャッキー大人だし。ジェラルドあんなんだし(笑)

 

ちなっちゃん何でも出来るかっこいい男役だとわかっちゃいたけど女役も素敵ですねえ。お声がかわいいのふんわりしてて。
男役が女役をやる時特有の硬さも全然感じなかった。すごく自然に可愛いいい女としてミーマイの世界に存在してる感じ。
まあ、あの、ちょっとどうしてもガタイはいいんだけど。(笑)


スカステの番組でお話ししてる姿を見ててよく思うけど、この人と過ごすと心地いいだろうな~~っていうのがちなっちゃんのイメージ。
癒し系って言うと少し押し付けがましい感じがするから「ただただ隣にいてほしい系」かな...
年始の92期vs93期のすごろく対決のときも「どこか行きたいところあれば...」ってまかぜさんにおっとり提案しててキキちゃんに「優しいねえ~~~」って言われてたなあ。

 

それでいて眼光するどい悪役やダンディな男役が最高だからすごい。ギャップいくつあるのっていう。
Aパターン仲買人の渋さとリフトの安定感ときたら。あなたBパターンでされてる方ですよね??うそでしょ??っていう。

そんなちなっちゃんがあれだけ良い女なジャッキーを演じられた要因の一つは相手役芹香斗亜の愛と包容力...とほんの少し調子に乗らせて。

 

舞台上でも舞台を降りても、ちなちゃんジャッキーという高嶺の花がご自慢なキキさんがかわいくて。
スカステの役替わりトークは愛の深さが感じられて大変おもしろかった。ごちそうさまでした、って感じだった。

舞台の上でも日々いちゃいちゃしてたご様子で。毎日たくさんレポがあってありがたかった指輪プレゼントのところはもちろん、それ以外でもこう...視線とさりげなく添える手が好き!

花男トークでも話題になってた、手元を見ずに目を見て手をつなぐ、とかそういうのが効いてるのかな?特にデュエットダンスなんかでの、男役と娘役が互いに想い合っていると交わす視線が語っている...みたいな空間が大好きで。

相手役をさらっと見る爽やかな男役もいるし、それよりもセンターで俺様かっこいい!してるのが似合う男役もいるけれども、私は娘役をあったかーく、場合によってはねっとり見てるぐらいの男役が好き。
キキちゃんにその感じあるなって有望視しているのです。ふふ。ふふふ。

今回の役替わりでちなっちゃんは元からあった包容力がさらに増し、キキちゃんは素質のあった包容力のある男役としての芽がぐぐっと伸びたんじゃないかなあ。

わたしはというとつくづく包容力のある男役が好きだなって実感した公演になりました。


ちなみに包容力というキーワードで最近気になって仕方ない下級生は紅羽真希くんです。

 

ゴーゴー!学び隊#5

www.skystage.net


こちらの和服姿が実に凛々しい。