読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

花組公演『ME AND MY GIRL』 感想2 役替わり

明日はついに鳳真由ちゃん卒業の日ですねえ。
私は中継で観るのでご挨拶を聞けず残念。
とりあえず今日の内に感想を残しておこう。

 

今回はAパターンBパターンと2つのミーマイがあったわけですが。
しっくりきてて見てて心地よいのはA、キャラが立ってておもしろみがあるのがB、という感じ。
アーネストインラブを初演月と初演花で比べたときもよく感じていた違いに似てるかも。
みんながぴったりはまっててお芝居としてスムーズで見やすいのが初演月、
ぽんぽんと台詞が飛び交うのを楽しむというより、個々の役者のおもしろさで見せたのが花、みたいなイメージで。
今回も同じように感じました。


Aパターン、キキちゃんジョン卿とべーちゃんマリアの空気がほわんほわんしていて優しいの。
もちろん公爵夫人の立場として厳しい部分もあるマリア叔母様なんだけど...どうしてなんだろうなー。なんだかこう見ていて微笑ましくなる空気がある。
それには最近包容力の増しているキキちゃんの存在が一因としてあるんじゃないかととみにキキちゃんを愛でているわたしは思う訳ですがみなさんどうですか。

 

対するBパターンのあきらジョン卿とゆきちゃんマリア、これぞまさしく役替わりの妙!という感じで、Aパターンと全く違う二人。
主演公演を控えどんどんかっこよくなってくあきらのジョン卿は、おじさんとしての何とも言えないかわいさがふと見えるのがとてもチャーミング。
3学年違うキキちゃんの役作りと比べると良い意味で技巧的でない部分、力を抜いて見せられてる部分がかわいい。
そんなかわいいジョンに対してべーちゃんよりさらに怖いマリア叔母様ゆきちゃん。
怖い、とか厳格、というより勇ましいというのかな。理想が高い感じ。

 

Bパターンの場合そこにさらにおかしな人としてれいちゃんパーチェスターが加わって、なんだこの家いろんな人いるぞ...(笑)というようなおもしろさ。
Aパターンのパーちゃんはまよちゃんなので、おもしろい人なんだけどどこかこうほっこりした優しい笑いがあるというか。
まよちゃんのとぼけた役作りがこれまた憎いのだ。

それぞれの役に対するみりおちゃんのリアクションもまた異なるところがあって、明日海りおという役者の懐の深さを見ることとなったなあと。