読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

花組公演『ME AND MY GIRL』の感想1 ...と花組の話

宝塚 宝塚 公演の感想

ミーマイようやくAB両方観れた!
残すところはあと千秋楽の中継で1回のみです。って見る気満々だけどチケットはまだない。

今回のミーマイ、演出の三木先生やトップのみりおちゃんはもちろん下級生に至るまで「新しいME AND MY GIRLを」とよく発言していたけどまさにそういう感じ。新しい。新鮮。
役替わりがあるのもそう感じさせる要因かも。

新しいものを、という発言は再演となると当たり前に作り手側から聞かれる言葉だけれども、宝塚における再演の場合その言葉に不安を感じる人も少なくないと思う。
いやいや新しいとかでなくビルはビルサリーはサリーでミーマイはミーマイなんでそこんとこよろしくお願いしますよ、みたいな風に再演の度思っていた気がする(笑)
けれどもそれに関しては今回は杞憂だったなあと。私今これまでで一番花組贔屓なのでなんとも言えませんが。
要所要所確かに新しく、でも押さえるところは押さえて全体の印象としてはクラシカルなミーマイでした。大劇場公演だったからっていうのもあるのかな。
むしろもっとみんなぶっ飛んで振り切ってもいいんでない?と思うこともあって。見方によっちゃあ全体に大人しいのかなあ。そのあたりに役替わりの明と暗があるのかもしれない。
それとみりおちゃんによる繊細なお芝居がその一因かな。

それでも私のミーマイを好きな理由である「おもしろくてハッピーで楽しくて笑えて泣けるところ」に関してはさすが宝塚、そしてさすがタカラジェンヌ、きちんと押さえてあるので心配することは何もありませんよーとこれから観劇の方に今からでも伝えたい。
それからコーラスがきれいだったと思いました。タップの音もすごくよく聞こえて。
どうしてもお役が少ないし洋物のショーが当分無いと思うとさみしいけれども、そういうところで下級生の息吹、押し出し、もっと言うなら「私たちここにいるよ!!良い役者がここに!!!!私を見て!!!!!」というアピールがひしひしと感じられたのはなんか嬉しかった。

私は蘭寿さんが宙組時代にファンになったので、真飛さん時代も観劇してはいたものの「蘭寿さんが来たから花組を見るようになった」という意識があった。
けれども不思議なことに、なのか、やっぱり、なのか、蘭寿さんが卒業してから花組が気にかかって仕方がない。
正直初めの頃、特にオリジナルのショーを初めてやると決まった時は「みんな上手くやれるだろうか」なんて思った。失礼だな。
でも今はもうそんなことなくて、花組さんかわいくて仕方ない♡♡応援するよお♡♡♡の一心。
見てた子がみんな大きく立派になってるんだものー。トップのみりおちゃんだってMr. Swing!で「新入りの僕ですけど...」って歌ってたんだよ??
最近やたらと「新入りじゃないですけど!」と替え歌した千秋楽のことを思い出してぐっときちゃう。ああみりおちゃん立派になって。

それに作り込む花組の姿勢が癖になるのかも。男役はこう娘役はこう、常にきれいにして互いに褒め合う...とかっていう花組さんの姿に堅苦しさを覚える部分もあったんだけど、それで魅力的に輝いてる姿を見ると「超宝塚...!!!」って思っちゃう。
蘭寿さんご本人によりただの蘭寿さんファンから立派な宝塚ファンに育て上げられた私としてはたまらん。
花組のプライドが高いところ、おせっかいなぐらい互いに指導し合うところ、どっちも善し悪しあると思うけれども、これからも良い方向に伸びていってほしいなー。