読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

恋に落ちる瞬間ってあるよね

宝塚

今回の星観劇で久々に鐘が聞こえました。

お星様達の中で一際燦然と輝き咲き乱れる星、その名はまさしく輝咲玲央様であります。

良い芸名だなあ。

1幕からなんとなーくわ~~濃い男役がいる~~~とはニヤニヤ思ってたのですが、

船が揺れる~♪のあたりのお芝居が最高で。

男臭くてこっわくてよかったー。香水くどそうな外国人!っていう感じ(笑)

あんなにコワモテなのに表情豊かで、そのシーンだけでもああお芝居上手なんだなあってすぐ分かった。

すげーーー好きなタイプ。これはやばい。

お芝居巧者でお化粧が上手で男臭くかつ品が良い、そしてお顔の輪郭がどーん!と舞台向きな感じ。

はあ好きになる要素しかない。

舞台見ながら「ああちょっと蘭寿さんの感じあるなあ...」って泣きそうになってたなぜか。

今考えてみると立樹遥さんの感じもあるかもしれない。

ふええんかっこよかったなあしいちゃん。

なーんか久々に思い出した。

ガタイがいいけどノーブルなの。

男らしいけど微笑むとキュートなの。

そういう男役が好きだわー。しみじみ。

とりあえず映像にある星組作品を見まくってやろうと思います。

気になってるのが太陽王で、ちょっとこれまでのイメージと違うお役みたいなので楽しみ。

映像持ってないので揃えるところからだー。