読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

宙組『華やかなりし日々/クライマックス』を観た。1

宝塚 公演の感想

6月23日(土)に観劇してまいりました。

諸事情あって一度しか行けず・・・

辛くて相当にやさぐれましたが割り切って楽しんできました。

席は17列上手、こういうときだけ当たる通路際。

何せ一度きりの観劇なので記憶がおぼろですが、思ったことは書いとこうかと。

芝居・ショーともにあとで分けて書くとして、

まず全体の感想から。

☆号泣する準備はできていた

月組さんのきりまりさよなら公演のとき客席でめそめそ泣いた(そして自分で引いた)ために、

今回もくるぞくるぞ泣くぞ泣くぞ・・・!とおびえていたんですが、

大丈夫でした。けろり。

でもなんだかそれって、退団者に思い入れがないからとかそういうことでなくて、

なんというか、とにかく晴れがましかったのです。

公演そのものが。

ネタバレになりますが、芝居もショーも、終わり方がさらりと、けろっとしている。

ほわっとあたたかい気持ちで、「さよなら皆様」を聞きながら劇場を出られる。

なんだかこう気負わず見られるものだったのです。

だからって、先の月組公演が湿っぽかったと言いたいわけではなく。

なんでしょうねえこの違いは。

長年のゆうひさんファンだったりする方は、

このような感想はお持ちにならないのかもしれませんが、

私には不思議とそんなようなことが感じられました。

☆初めての公演デザート

どようびに、とうきょうたからづかげきじょうにいきました。

ろなうど・あっぷるすというこうえんでざーとをたべました。

さっぱりしていてとってもおいしかったです。

またたべてみたいなとおもいました。

冗談は抜きにして、公演デザート初めて食べました。

毎公演、メニュー情報は目にしているのですが、実際食べたのはお初。

今回は開演前に軽くおにぎり等食べてたんですが、

母も私も食べ始めたら火が付いたのか物足りなくなって(ノ∀`)

タイミングが良かったので食べてみました。

ロナウド・アップルスは実は気になってたデザートだったんですよー。

ほんと、甘くなくて食べやすくて、りんごのサクサク感がいい感じで、

おいしいデザートでした。

同じものはもう食べられないけど(ぶわっ)また気になったのがあったら食べてみよう。

あれ、食べ物の話で終わってしまった・・・

次のエントリーから芝居の感想。の予定。