読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

蘭寿とむディナーショー『MUGEN!』稽古場レポート

宝塚

をやっと見られた。

見られた・・・けど・・・なんかもういっそ見なきゃよかった(´;ω;`)ブワッ

いや~微笑ましく見たんですよ初めは。

始まりの後ろがガヤガヤしてる感じとかw

夢幻(MUGEN?)の男・夢幻の女な自己紹介とかw

ロケットを表現するのにコマネチしちゃう大ちゃんとかww

なんだか和気あいあいと楽しそうでいいなあほっこりだなあと見てたんですけど。

最後はどうしてもやっぱりまゆさんが宙組最後でさみしいというくだりに。

まあそれ自体は予想も覚悟もしてたんですけど・・・

藤咲えりちゃんが「まゆさんが自分のターニングポイントになることが多い」とか

「("R"isingのとき)まゆさんについていったら自然に踊れて」とか

まゆさんとえりちゃんが「息が合う、一緒に呼吸できて踊りやすい」とか

言うからああああああああああああああああああああああああ

なんかもう・・・吹っ切ったはずの、しかもあんまり言いたくないことを言いたくなるじゃないか!(ブワッ

私前にもどっかで書いてると思うけどえりちゃん大好きで。

もちろんにわかなのでちゃんと知ったのは逆転裁判2なんですが・・・

あのとき以来えりちゃんのオンとオフ両方にやられっぱなしで。

そんな大好きなえりちゃんと大好きなまゆさんが同じ組にいたら、

そりゃあもう公演のたび組んで欲しいなーとか絡まないかなーとか、

2人がトップコンビとして組む姿が見たいとか思うじゃないですか。(…)

でもそれって、好きなキャラと好きなキャラがくっつけばいいのにーみたいな、

少女漫画の読者的な気持ちでしかなかったんですよね。

本人達の気持ちは無視で、ただのファン目線として、

好きなスター同士が絡んでるところが見たいっていうだけで。

でもここへきて・・・そんな・・・2人で組んだときいい感じだったなんて言われたら・・・

未練が残るじゃないかああああ。゜(゚´Д`゚)゜。ウワァァァン

・・・っていう・・・

嬉しいけど寂しい。

でもやっぱ嬉しい、かな。

逆転裁判2で、えりちゃんの成長がめちゃくちゃ感じられて、まだまだ経験の少ない娘役が、主演と張り合う役柄でしかも押せ押せでガンガン喋らないといけない、っていうのはすごく大変そうで、でもえりちゃんは超がんばってて、日々進化してて、外見や雰囲気から好きになったえりちゃんのそういう姿を知ることができてもっと好きになって、んでそんなえりちゃんとまゆさんが互いに高めて掛け合いのお芝居をしてたんだっていうのを考えたり当時のコメントを思い出したりするとなんかもうものすごい胸熱で、

で、まゆさんの宙組最後のときにとむえりぃって絡むとすごくいい感じだったよっていうのを知ることができて・・・嬉しさもあるけど寂しさもあってごちゃごちゃごちゃごちゃ

トップコンビ・・・までいかなくとも、

お芝居やショーでもうちょっと絡んでほしかったなー。

恋愛でもいいし、逆裁みたいにライバルでもいいし。

あー吐き出してちょっとすっきり。

まるでまとまらなかったけどとりあえず逆裁2ナウオンの「衣装を着たことでとまどいが無くなって『フフン☆』とかできるようになりました」みたいなこと言ってるえりちゃんのかわいさは異常。