回転舞台

回る舞台で恋をした song by Ataru Nakamura

雪組ロミオとジュリエット感想4 続・個々語り

◇マーキューシオ(早霧せいな

かっこよかった!

かわいかった!

・・・でもそれ以外あんまり覚えてないorz

多分死んじゃうシーンでキャピュレットばっかりみてたせいだと思う。サーセン

死ぬシーンという見せ場はあるものの幅を出しにくい役のような。

とはいえ、ベンヴォーリオとの絡みがとにかくかわいくて。

なんですかあのちぎまっつの仲良し感は。

グラフのトークDXとか読んでもなんかすごくツボな2人です。

と、お芝居のほうは印象がふやふやだけど、その分せり上がりの感動が・・・!

フィナーレでせりあがってきたちぎのかっこよさといったらもうもうもう。

真っ赤な口紅がセクシーで、なんか「やっとちぎに会えた・・・!」的な感じがw

どうもお芝居のほうは、マーキューシオの枠ににちぎがギュウギュウに入ってる、みたいな感じがする。

なんでかなあ。

とりあえずどうやら私にとってちぎはショースターのようです。

ショーのちぎに会いたい。

◇ベンヴォーリオ(未涼亜希)

まっつ!まっつかっこいいよまっつ!

歌上手いよまっつ!

ちょいヘタレな役作りがかわいいよまっつ!

という感じで正直初見はメインどころではほぼまっつを見てた。

だってかっこよすぎだろうよーなんですかあの肩のオラオラ感はw

トークDXだったかな?若者なので落ち着いてしまわないように役作りを・・・みたいなことを話してたけど、

ほんと黒の衣装なのに元気さがあって、ちゃんと若者でしたw

オープニングが終わって、最初に長めに喋るのがまっつで、

そこでお芝居のテンポができたり、客席を引き込んだりする感じ。

やーなんだろうあの注目させる力は。

なんかわかんないけどまっつベンヴォーリオを見ちゃう。

メインじゃなく脇を見たくなっちゃう注意力散漫な私でもなぜかじっと見ちゃう。

うーんマジック。

2幕終わり近くの「どうやって伝えよう」も、ほんとよかった。

幕前で、セットも何もなくて体ひとつで丸々一曲歌ってるのに、

不思議に飽きないんですよねー。

びっくりするほど声量があるとか一音一音が体全体に響く体が楽器タイプだとか、

そういう歌で圧倒してくる、押してくるような感じはないのに、聞かすし魅せる。

懐かしの“いい仕事してますね~”みたいな。

「うぉうぉうぉうぉー」がどこか歌謡曲風味だがそこがいい。

なんかわかんないけどとにかくいい。

んで特筆すべきはフィナーレ!特に燕尾!!

ほんのちょっとの手の角度や首の向きから漂う花組感。

揃ってるんだけどやっぱりなにか違う。

違うんだけど変な浮き方はしてなくて。

つかただ踊ってるだけであれだけキザなのって・・・やっぱり・・・花組おかしいよ!いいぞもっとやれ!

でもまっつばっかり見ちゃって困った。

組長がいたら見るのにな・・・

燕尾に関してはダンサー云々よりとにかく上級生がかっこいい、という鉄則に基づいて。

◇ロミオ&ジュリエットのパパママ達

キャピュレット卿(一樹千尋)、モンタギュー卿(飛鳥裕)、モンタギュー夫人(麻樹ゆめみ)、キャピュレット

夫人(晴華みどり)。

みんなぴったり!

モンタギュー卿のナガさんはセリフはあまりないけど、

おひげがかっこいいしゆめみ姉さんとのしっくり感で安心させてくれるのでおk。

ロミオママのゆめみ姉さんかっこいいよ!好きだ!

ロミオを心配する姿になんかすごくきゅんとした。

フィナーレでは華やかでかわいい。

なんかもう存在がものすごく好き。

ヒロさんのキャピュレット卿は星組版の鬘より奥さんとしっくりきてて好み。

「娘よ」が泣けてガチで困る。

あとパリス伯爵に乳母やティボルトを紹介するときのちょっとめんどうそうな感じとか、

ティボルトを叱るときの雰囲気がなんか独特でチャーミング。

パリス伯爵とピョンッてはねるとことかなんであんなにかわいいの。

ジュリエットママのかおりちゃん・・・歌うめえええええええええええええええ!

貫禄もあってやっばい。

ティボルトを誘うとこがセクシーでドキドキ。

普段あんなぽわっとかわいらしいお顔なのに、なんですかあの危ない色気は・・・!ドキドキドキ

広告を非表示にする